トップ » ピッタリな「かけ心地」
いくらデザインが気に入ったメガネでも、かかり具合が悪いと、購入したけれど掛けていないとか、いくら、正確に視力補正されていても、ズレたりきつかったりすると、全てが台無し・・・なんてことも。。。

鼻パットの高さ、角度、幅の調整、傾斜、耳に当たる先セルと呼ばれる部分の曲げ角度や、曲げ位置、または余りシロ。そして、レンズと目の距離・・・・etc

しかし、これらのことを全て踏まえた中で、販売しているお店って実は凄く少ないといえます。

「光学的」と聴くと、なんだか難しい感じがしますね。
でも、メガネはそもそも、「目が悪くなったから掛ける」とか、「視力をこれ以上落としたくないから掛ける」ってことも、ニーズの中にありますね。
実は、「目とレンズの距離」って正確に導き出された基準があるんです。
視力をより最適に保つ距離。また、補正したレンズが
最大限機能として発揮される距離。
それが、「12mm」です。
また、前傾角(メガネフロント部分の傾き)に関しても、常用か?お近く用か?
またまた、遠近両用か?によってその角度は違います。
お顔にかかるメガネの位置のことです。
眉から離れすぎていないか。眉の上にフレームの(リム)がかぶさってしまっていないか。また、メガネが小さすぎないか・・・など(これに関しては似合う編にて触れさせていただきました)

まず、お客様と視線を合わせるために、同じ視線でお顔にかかるメガネを見てスタッフが位置決めをします。お顔とメガネのバランスを見ると同時に、目の中心とレンズの中心とが合うようにフィッティングを行っていきます。
そして、ここで重要になってくるのが、
クリングスとよばれる、「鼻あて」の位置と角度です。
クリングスとは、通常、鼻に当たるプラスチックのパットと呼ばれる部分と、それを支えている「足」のようにくにゃっと曲がった部位のことをそう呼びます。

その、「足」を出したり、引いたり、または、下げたり、上げたりして、メガネ全体を上下に上げ下げしたり、また、お顔とメガネの距離を出したり引いたりすることも出来ます。

当然、お客様によってお顔の形や、鼻の位置、鼻の高さなどまちまちですから、この「足」の調整はかなり重要な要素です。

先についてあるプラスチック製の板(パット)は、鼻の当たる部位への力の吸収と、お鼻の何処に当てればよいか?の角度調整になります。
ですので、パットの調整といっても、この「足」の部分の曲げ方と、プラスチックの「パット」と呼ばれる部位の角度調整の2つの視点から行うことが必要不可欠です。
また、最近ブームの、セルフレームと呼ばれる、メガネがプラスチックで出来たフレームの場合、この、クリングスと呼ばれる足が付いていなく、フレームと一体化したパットのみが付いているフレームも多々見受けられますが、 本来、クリングスが付いてあるメガネをお選びいただいたほうが細かな調整まで可能になります。

なかには、女性のお客様で、まつげの長いお客様の場合、このクリングス無しタイプのメガネを選択されると、まつげがレンズに当たって、違和感が出ます。 また、レンズの内面は、外面に比べそれほど、コーティングも施されていませんので、1日に1万回以上と言われるまばたきによって、傷が入ったりする原因になります。
ルックワンでは、そのような不具合にも対応するべく、一体型のパットから、クリングスにカスタマイズする事も、安価な価格にて行っておりますので、一度、気になられるお客様は、是非、お問い合わせくださいませ。

そのような手順で、まずはこの、頂間距離と呼ばれるレンズと目の距離をあわせていきます。
前傾角についてです。
前傾角は、まず、常用、お手元用、遠近両用の大きく分けて3種類に分けることが出来ます。
常用の場合は、5~10°の傾斜が最適と立証されています。
これは主に動かす視点の「傾き」が、一番この角度が多いことから、この5010°の設定を保つようにフィッティングします。 この角度が一番目にも疲れにくく、レンズの特性である歪みやひずみに関しても、最小限で抑えることが出来ます。

また、お手元用(老眼鏡)の場合、この角度を15°つけたほうが、見やすく疲れにくくなります。
これは、遠くを見るのと、近くを見るのとで視線が違うことと、目の回旋(筋肉の動き)にも関わることで、もしメガネをお持ちであれば、少し倒すように掛けられると、 楽に感じられた場合、メガネの素材などにもよりますが、お立ち寄りくだされば、調整させていただきます。

遠近両用は、10~15°とされていて、これは、常用でお使いになられる視線と、近方(お近く)を見られる視線と、両方兼ね備えることが必要となります。

常用のときと違い、レンズの下方向にお近くを見るための度数も入っており、それに伴い視線と光軸をあわせるため、このような設定角度になります。

この調整は、メガネの「智」あるいは、「よろい」と呼ばれるメガネの横についているリムと、テンプルをあわせるためのジョイント部分があるのですが、その角度を調節することで、お客様の用途に合った前傾角を作り出すことができます。
ルックワンでは、この前傾角を作りだす調整も
お客さまお一人お一人に合わせてに行っております。
ルックワンでは、そのような不具合にも対応するべく、一体型のパットから、クリングスにカスタマイズする事も、安価な価格にて行っておりますので、一度、気になられるお客様は、是非、お問い合わせくださいませ。

そのような手順で、まずはこの、頂間距離と呼ばれるレンズと目の距離をあわせていきます。
また、側方所見にはテンプル調整も含まれます。
こちらに関しては、力学面から見ていきたいと思います。

そして、次に行うのが
上から見たメガネの反り角の調整です。
メガネをお客様が変えた状態で、上から見ますと、フレームの反った
角度を見ることが出来ます。

これも、基準値が定められており、
遠用(常用)・・・180°~175°
近用・・・・・・・・・170°前後

といわれ、これも、視線と光軸の一致、そして視野に至る、視る機能を
保護し快適にお使いいただくための重要な調整です。

また、側方と上方から確認することにより、12mmの頂間距離の再確認にも繋がります。
反り角は、フレームにより大きく異なります。
しかしながら、最近のスポーツ用のサングラスなどは、耳側に当たる外側の部分から大きく巻き込むようにお顔に接近しています。
このようなカーブを持ったグラスは、基本的にかなりゆがんで物が見える恐れがあり、度入り対応などでおつくりになられても、なかなか思うように慣れにくかったりします。

常用でお使いになられるなら、出来るだけ180°を保ったフレームで選択していただき、サングラスなど、巻き込み(カーブ)の強いメガネは用途別にしてお使いになられるなど工夫して、装用されることをお勧めいたします。
お客様にメガネを掛けていただいた状態で、後ろから確認します。
ルックワンでは、この前傾角を作りだす調整も お客さまお一人お一人に合わせてに行っております。
耳に沿わしている部分の圧のかかり方や、先端の部分が、耳の後ろにある骨に当たっていないかなどを確認します。

メガネの重量バランスは、基本的に前加重になっています。これはレンズが
前にあるからで殆ど全てのメガネが前加重になっております。
その、重量を支えるために重要な役割を果たすのがパットです。
これは、鼻のどの部位に当てるかで、同じ重量のメガネでも、重く感じたり、軽く感じたりします。
いかに、
筋肉や神経に、出来る限り
ストレスを掛けないようにする

かが、ポイントになります。
また、女性の方はお化粧をされますので、あまり強く当たりすぎると、ファンデーションがパットに付着しやすくなり、跡が強く残ったりする要因になります。
跡が取れる・・・とまでは言えませんが、当て所、かかる圧によって、多少緩和できると考えております。
たまに見受けられるのが、横幅を側頭部に強く当てて、挟み込んで止めているメガネです。
実は・・・
メガネは出来る限り、側頭部には当たらないほうが、ズレ落ちにくくなります。
そもそも、テンプル(つるの部分)には、押さえつけてズレ落ちにくくするだけの力はありません。押さえつけて止まっているのは、耳の曲げ具合がキツく、パットで受けが出来ているからだと思われます。

もしよろしければ、お試しいただきたいのですが、今掛けているメガネのテンプルの部分をこめかみ押さえるように、テンプルの上から指で軽く押さえていただくと・・・・

ほら少しメガネが前に飛び出ませんか?

そうなんです。ですので、テンプルが肌に密着している状態では、メガネは前へ、前へズレようとする力が働きます。 横で押さえつけて止まっているのは、恐らく耳にかかる部分をかなり強めに曲げているか、「しっかりしてそう」と感覚が錯覚しているのかもしれません。
テンプルとこめかみの隙間は、通常名刺一枚程度開けるほうが理想です。
先セルとは、最終的に耳にかかる部分のことを言います。
先のほうが曲がっているあの部分です。
これは、抱え込み角のパターンですが、1がより理想に近いものになります。
抱え込みが少ないと、掛かりが浅くなり、少しのことでズレてしまうからです。
図では1⇒2⇒3の順で、深くなっております。
次に落ち込み角です。
1は、少々曲がりシロが多い感じがしますが、これくらい曲げ角が鋭角であれば、耳介頂点でしっかり止まり、抱き込みを浅くしても充分止まります。 また、耳の後ろには当たらないようにフィッティングするため痛みも無く快適な状態でメガネを掛けることが出来ます。

2は、1に比べて曲がり角が鋭角ではないものの、この程度であればまだ止まります。
しかしながら、汗をかいたり、顔を頻繁に動かすなどした場合、直ぐにずれてしまう可能性はあります。

3は、どうにももう止まりませんね。
とくに、男性に多く見受けられます。
おそらく、テンプルの長さが短かったのか、または、メガネのサイズが合ってなかったときなど、このような曲げ角度がゆるいフィッティングになります。
これは、フィッティングにも問題がありますが、フレームをチョイスするときからの問題でもあると思います。
抱き込み角です。
通常、上記のようなフィッティングが出来ればそれほど抱き込みを強くしないでもめがねはそこそこに止まります。

この場合、1が理想で、先端の部分が少し外を向く感じで力を外に逃がしています。こうすることにより、圧迫を避け、長時間掛けていても痛くならずにズレ落ちにくいメガネになります。

2は殆ど、調整をしていない状態。店頭に置かれている状態に近い形状です。
この形状で、ピッタリとあう方もいらっしゃいますが、耳の後ろは若干骨が出っぱってる箇所があり、そこに当てないようにするには少し外側に逃がすほうが理想です。

3は、恐らく、耳の後ろの骨に完全に当たって、圧迫している状態と思われます。
この状態で長時間掛けると、痛くなるばかりか、神経や血管が圧迫されて、頭痛を及ぼしたり、肩が凝ったりなど、不快な掛け心地を通り越して、あらゆる症状が出てくる恐れがあります。

以上は、フィッティングに関しての理論的な部分でしたが、「これが正しい」というのは実はありません。
いかにお客様に不快感を与えない、また、お好みの状態に合わせていくか。
もフィッティングにおける、重要な要素の一部です。
キツい掛け心地がお好きなお客様。
ゆるい掛け心地がお好きなお客様。
好みは様々です。光学的要素は充分に、加味しなければなりませんが、実は、感覚が大きく左右する部分でもあり、お客様がどの角度でどのような圧がお好みなのかを、スタッフはお客様との会話の中でそれを掴み、 そして、ズレ落ちにくく、お好みに合わせたフィッティングを目指さなければなりません。

お客様の中には、「わざわざ調整だけに行くのは気が引ける・・・」とおっしゃっる方もいらっしゃいます。

しかしながらルックワンでは、メガネはご購入後からが本当のお付き合いと考えております。
メガネは、光学的要素もたくさん含んでおります。ですので、ゆがんだり、曲がったままお顔に掛けていたのでは、余計に目を悪くする要因にもなります。
曲がったり、ゆがんだりした時は、本当に気兼ねなくお立ち寄りいただきたいと思っております。

また、たくさんのご要望にお応えすることで、スタッフ自身の技術の成長にも繋がります。

お一人お一人のお客様からのご要望は、私どもの技術向上につながり、一人のお客様の事例が、次のお客様へのご満足へとつなげていけるよう、努力してまいります。